『そっちのけ』の意味と語源。そっちのけってどっちのケ?

2019年11月26日

「仕事そっちのけで趣味に没頭する」のような使い方をする「そっちのけ」だけど、

いまいちどういう構成の言葉なのかピンと来ない。

「そっち」「の」「け」?「そっち」「のけ」?

 

と、いうわけで、

ちゃんと調べてみたので、まとめます。

 

言葉の意味

さて、さっそく言葉の意味を確認。

ほったらかし、みたいな意味だと思っているけど…?

【そっち】ーのけ

[「のけ」は「退け」の意] 一 考慮に入れないこと。「宿題はーで遊ぶ」二「そこのけ」のより口語的な表現。「本職(も)ーの腕前」

『新明解国語辞典 第七版』(三省堂)より引用

ふむふむ。意味は概ね合ってたかな。

「そっちのけ」の「のけ」は「退け」だったのね。そっちに退けとく、みたいな言葉だったわけか。

ただ、上記の辞書の内容の、「本職~」の例がどうもピンとこない。

そこで語源辞典にもあたってみた。

 

語源

語源は、「ソッチ(其方)+ノケ(退ける)」です。のけ者にする、放り出す意。転じて、「専門家以上の腕前」の意を表します。例:庭師ソッチノケのできばえ。

『日本語源広辞典 増補版』(ミネルヴァ書房)より引用

へぇー!

「専門家以上の腕前」という意味もあったのね。そりゃ知らなかった。

だから「本職~」の例が載ってたのか。

専門家ほったらかしで、

専門家「え~……。俺要らないじゃん……。」

みたいなことかな。

 

なるほどね~。

 

スポンサーリンク